Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>最新情報
Dubois Déprazの由来

Dubois Dépraz会社は沃州のジュラ山脈区の勒留鎮(LeLieu)に位置して、スイス西部にあって、そばはなんじの湖で、環境が優美です。Dubois Dépraz会社の前身はDépraz&Cieといって、1968年に改名した後に今日の名前があって、多くの会社の名前とと同じに、それも創始者の一族の成員の名字から構成するです。Dépraz&Cieは1947年に2つの会社から合併してなって、ひとつのは1901年に創始者Marcel Dépraz創立する個人の仕事部屋で、ひとつのはMarcel Déprazが業務を拡大するなのので、彼の相婿Marius Guignardと力を合わせて創立するDトpraz&Guignard会社、1910年、Marcelの娘Gabrielleと息子Rogerが2つ目会社に入って運営に参与します。1937年、Marcelは2社の会社の運営を強化するため、娘婿Reynold Duboisに会社に参加するように招待して、そして第二世代の指導者になって、1956年、創始者の孫GトraldDubois(今のところの2人のトップ指導者の父、DD会社の第3代指導者者)、同時に若い表を作成する師で、会社で技術部門を設立して、1967年、会社はみごとに自動チップに用いる時間単位の計算モジュールを研究しだして、1969年、ブライトリングのHOYA(チップが市場の普及を生産するのをと担当する)、Bürenは(自動的に鎖状構造に行って研究して、漢のミルトンに属して)およびDépraz&Cie(時間単位の計算のモジュールの研究)が共に世界の初の自動時間単位の計算のチップCalibre11を発表して、自動時間単位の計算の時代の到来を示します。

1970年代前に、会社の便は石英のチップの研究開発の仕事に着手しのでことがあって、70年代の時、そして石英の時間単位の計算を作って表しを設計します。たとえ石英の時代の足どりについて行ったとしても、しかしそれは依然として影響を深く受けられて、1979年、会社の2人のロレックスコピー時計指導者は意見が食い違って、関係は氷点まで下がって、Gérald Duboisは工場の建物を買い取って独りで運営します。1987年、Gérald Duboisの息子Jean-Philippe Duboisは会社に参加して、5年後に、彼の兄弟PascalDuboisも会社に参加して運営して、前者は今日CEOになって、後者は社長です。2006年、Dubois Dépraz会社は一つの位工場のベルンArch地区にある供給商を買い付けました――DPRM(歯車メーカー)、自身の部品が生産する方面の実力が強大になって、それによって研究開発して体系を生産する今日の会社がありました。

第3代指導者人Gérald Duboisのもう一つの息子、Pierre Duboisは一族の表を作成するよい影響を受けて、小さいときから機械的に表を作成しがも好きで、Pierre Duboisは相手が14年働きが好きだのでことがあって、そして勤めたことがあってCFOとCOO、DD会社の目的はただブランドだけにサービスしてブランドを創建しないので、Pierreは自分は時計会社をしたいです。自身の高級制表会社での経歴とDD会社の技術サポートに頼って、そこで2004年、Pierreが自分の表を作成するブランドPierre DeRoche(創始者を創設してこれが“石を説明して、石の”の意味)、DD会社としっかり協力して、それによって何もの人に興奮させる時計算する作品を出しました。



前ページ: 伯爵はを出しますSIHH 2016 Emperador Coussin XL 700P腕時計
次ページ: 名士の漢のバートンのシリーズMOA08878腕時計