Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>最新情報
文字ゲームをもてあそびます

Cresusは中の一つです。この会社本部はリヨンに位置して、フランスの最大の2腕時計の取引のプラットフォームで、従業員の43人を雇って、1993年に創立してから出来高はを上回って50000、2015年に売上げは1、500万のユーロに達します。Cresus所属は9社の小売店と1社のウェブサイトがあって、オンラインと線の下で覆いを確保します。“腕時計を買って持っていて流れに固定して、”創始者Christian Odin表示、“初めは顧客は親しいをの探して友達に聞いて、受けてネット上で閲覧して、最後に小売商を訪問します。私達の任務はすぐ1歩顧客のに付き添うので、Blogger、Facebookは会社の公式サイトは(あるいは日訪問量は10、000の延べ人数)に達することができます。”あなたのロレックスコピー時計もうつけない腕時計、いつも持ちを望む他の人があって、これはCresus業務の突入地点です。会社はネットワークを販売するのとブランドイメージを守りを重視して、どんな方法を通しますか?文字ゲームをもてあそびます!

市場経済の中で全く合法的な業務に従事したけれども、Cresusは依然として慎重で、慎重に事を処理します。原因は何はありますか?まず、Cresus業務はネットワークの列に権限を授けていないで、ブランドに制御するように受けないで、そのためも圧倒的多数のブランドはいかなる形式のが接触するのを拒絶します。“私達はブランドの対話の名簿の上で、”Christian Odinは道を釈明して、“表門は開け放したのです。”結果は:ブランドがCresusのために表を作成する師を育成訓練することはでき(ありえ)ない、部品を供給する、アフターサービスを提供する。その次に、Cresusの商品の供給源は個人から来ただけではなくて、同じく小売商(余分な在庫)に権限を授けて、時には甚だしきに至ってはメーカーの自身で、これで本来はぼんやりしている地帯を現れさせます。もしも“製品は新型のラベルを貼り付けたら、私達は面倒があって、”Christian Odinが率直で誠意があって、“私達は決して割引価格を提供しなくて、腕時計はそれが中古品ためただ安くなるだけ、このようなです。”

当店の誠実と信用は取引して、品質は至上です。10年ロレックススーパーコピーの老舗



前ページ: ティソのバスケットボールの世界
次ページ: RADOスイスのラドーに関して