Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>最新情報
高珀富斯は“金のポインター”の腕時計を再現します

2015年10月29日、ジュネーブ高級時計大賞選考委員会“金のポインター”の大賞の高珀富斯に公布するはるかに遠い視野のシリーズの腕時計。これが2010年30°両体陀はずみ車―を継いでもう1度刻んだ版のシリーズの5N赤い金の腕時計が“金のポインター”の大賞を光栄にも担当したのを紀念したのになった後に、高珀富斯の作品の第2回は奪い取りますと一つのかねてから盛名をうたわれている大賞。

私達の初志は私達の第3項の発明装置を割合の細かくてすごく薄い時計の売の中で、と同時に置いて傾く陀はずみ車の骨組みに入ることができるのを望むのです。高珀富斯のつりあいがとれていない米係のリストの側を表す凸面設計は私達を啓発して斬新なソリューションを思い描きます。私達は時計の辺鄙なサファイアの鏡映面の中で天井の構造を製造しだして、超過の空間を切り開いて、陀はずみ車の骨組みを適当な場所に置いて後に比べて橋の基準面の際立っている部分を表すことができます。この革新の天井は設計が精巧で見事で、人の眼光を陀はずみ車の下の橋板に引きます。

はるかに遠い視野のシリーズの腕時計はプラチナを配備して売を表して、中の搭載する24秒の陀はずみ車システムはスイスのから夏のドイツの芳(LaChaux―de―Fonds)の表を作成する大家達設計の第3項の大幅な発明を引き延ばすので、全体の外観は含蓄ありげにシンプルで、独自の旗印を掲げます:そっと表面から移すのでさえすれ(あれ)ばのが表すまで(に)辺鄙で、十分悟ってその中のオリジナル性を埋蔵することができます。 ロベルト・高珀とステファン・富斯はずっとペアウォッチの売の割合の精密なワシに集中して細くて磨いて、そのため命を捧げてチップの内部と陀はずみ車の細部の決定をはっきりと示すについて、最後に彼らに拒絶させられました。そこで彼らは透明な時計で背負いを決定して、サファイアで1つのアーチ形の丸い押しのける空間が陀はずみ車システムを適当な場所に置きを彫刻して、結果は目的陀はずみ車の構造をまぶしく刺していっそう心ゆくまで見て余すところないさせます。http://www.noob2016.com/hotwatch_news.asp

しかし、この作品のは本当に輝点はロマネスクの丸天井の建物の同じくらい美しいアーチ型陀はずみ車の下層橋板のようだ形です。この部分が専門を採用してめったにない人手が売り払って最も極致の反射の効果に達しに来て、その上この精密な装飾の職人を完成するのが慎重に橋板ごとに背面で名を刻んで締結して行う本当であることを担当するから求めます。

ロベルトとステファンは大会に最も崇高な敬意を申し上げるのを望んで、そして心から選考委員会の成員の再度ぬきんでる高珀富斯の作品に感謝して、それによってブランドの業界の中の位置を打ち立てました。この賞は引き続き高い個性化の方法で臻と良い現代の高級の表を作成する技巧で2人を強化しただけではなくて、その結果彼らを自分の激しくぶつかり合う激情を敷いてオリジナル精神と承諾に送別会をしに来に任せさせます。



前ページ: SIHHGF高珀富斯は24秒の陀はずみ車の腕時計を発表します
次ページ: 一つの魂を揺さぶるようなプロジェクト:時間巨船、腕時計の誕生