Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピーフランクミュラーコピー
ホーム >>最新情報
腕時計は保養、さもなくば怒ることができる!

腕時計保養は漢方医の診察のようで、2種類の人は治らない

時計の修理に当たって漢方医の診察を受け、《史記-扁鹊伝』の中で言及六治らず、それは医師が患者に見たくないのではなく、この6種人を変えることができないので、治せない。その中の第一と第二条、私は腕時計の保養にとても適当です。第1種の人は「驕ぐらいはかを問わず、治療しない」。これは1種の人、道理がわがままな人で、彼の頭の中が一セットの考え方、全く信用しないあなたも、更に聞き入れないなら。これは「私が執」特別な深刻な人です。その話し、彼のあのセット湯沸かして水に入れる如しの理念は、樹立で時計機械原理ではなく、多く経験論は、好ましくない。

その他に1種の人は「一人で二重財、不治。」この話の意味は、診察を聞いてから、お金がかかる、見なければ、この人は彼にも法がない。腕時計修理において、適当な保養費用は花が嫌で、高いと感じます。部品の悪いことにはお金が必要になります。このお客様、私たちも手伝ってあげられない。



前ページ: そのぐらいのことについてロレックスケルピー
次ページ: 機械の時計、どれくらいの時間は一回保養しますか?