Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>最新情報
数あるハイコンプリケーションの機構の中でも、ミニッツリピーターのステイタスは高い

難解機構ゆえに製造できるメーカーは限られてくるが、ここ数年は〝とにかく鳴ればよい〟というレベルではなく、いかに美しい音色を響かせるかという段階に入りつつある。例えば、オーデマ ピゲでは音響の専門家と共同開発を行うことで澄んだ音色を大きく響かせることに成功し、ジャガー・ルクルトはクリスタルゴングを考案した。どちらも非常に高価な技術だが、そういう技術進化を面白いと考える時計愛好家は少なくない。


 しかし、ロレックススーパーコピー日本にも優れたミニッツリピーターが存在している。それが、シチズンの「カンパノラ」だ。機械式ムーブメントを使用しないミニッツリピーター付き腕時計としては世界でも唯一の商品であり、シチズンがムーブメントを提供したシェルマン製のミニッツリピーター付き腕時計が、ラ・ショー・ド・フォンの国際時計博物館に収蔵されているほど、スイス時計業界でも認められた存在である。


 機械式ミニッツリピーターがハンマーでゴングを叩いて音を鳴らすのに対し、シチズンのミニッツリピーターは電子音式。しかし、電子音だからこそできることがある。既存のムーブメントを基に、新しいカンパノラでシチズンがテーマとしたのは、「水琴窟(すいきんくつ)」の音である。水琴窟というのは、地中に伏瓶(ふせがめ)を埋めて空洞を作り、そこに滴り落ちる水滴の音を反響させて琴のような音色を響かせる装置。江戸時代に庭師が考案したとされるが、単なる水滴を音に変換して楽しむという優雅な日本文化を、シチズンでは電子音を組み合わせた音の響きに見立てたというわけだ。


 ミニッツリピーターは、2時位置のプッシュボタンで起動させるが、それ以外にアラーム機能にもこだわった。アラーム音には4つのモードがあるが、「デイリーアラーム」を選択すると朝昼夜で音の響き方が変化する。例えば、昼であれば音を連続させて躍動感を演出し、夜の場合は余韻を生かした音にしているが、これも機械式ではできない芸当だ。


 時計業界では〝機械式時計=文化の継承者〟、〝クォーツ式時計=実用性を重視〟という二元論で語られがちである。確かにそのような面があることは否定しないが、シチズン「カンパノラ」はその枠外にある。水を楽しむ優雅な文化を継承する時計と見なしてもいいだろう。


 さらに、電子式ゆえに、頻繁に音を鳴らしても容易に壊れることがないというのも、機械式にはない大きなメリットと言える。日常的に優雅な気分に浸ることができると考えれば、むしろリアリティのある選択肢なのかもしれない。

当店の誠実と信用は取引して、品質は至上です。10年ROLEXスーパーコピーの老舗



前ページ: 文字盤も然りで、初期のシャイニーな文字盤はますます入手困難になるだろう
次ページ: 再デビューの当初から、ヒエラルキーの頂点に君臨することがテーマでした」