Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>最新情報
再デビューの当初から、ヒエラルキーの頂点に君臨することがテーマでした」

辣腕プロデューサーとしても知られた故ギュンター・ブリュームラインにそう言わしめたA.ランゲ&ゾーネは2015年12月7日、創業者であり、ドイツ時計産業の父と呼ばれるフェルディナント・アドルフ・ランゲ(以下F.A.ランゲ)生誕200周年をドレスデンで祝した。加えて、170年前の同日は、F.A.ランゲが山間のごく小さな町であったグラスヒュッテに初めて時計産業を持ち込み、ドイツ国内で最初に工場規模での時計製造を根付かせる起点となったA.ランゲ&ゾーネの創業日である。さらに、25年前の同日は、東西ドイツ統一からわずか2カ月後に同メゾンが会社を再興した日にほかならない。創業時から受け継がれるA.ランゲ&ゾーネの先進性は、現代において、この四半世紀の間にどのように生かされてきたのだろうか。

 

19世紀は、A.ランゲ&ゾーネなど、今も威光を放つ世界的なブランドが多く誕生した時代であった。F.A.ランゲが狙っていたのは、ニッチ層に向けた家内制手工業による高級品ではなく、ロレックススーパーコピー工場生産によるマスを意識した高級品だったのは明らかだ。4分の3プレートなどの先進的な技術の導入により、高品質のものを安定して工場で生産することに取り組み、マスに浸透することに成功したうえ、視覚に訴えることにも注力した。懐中時計華やかなりし頃のランゲは、有名な彫金師だったグラーフなどによる美麗なケースの作品も多数残している。

 

新生A.ランゲ&ゾーネが、かつてのように他の多くのブランドが追随するだけの魅力を保持しているのは、ビジュアルに力点を置くことに対する視点が決定的に違っているからではないだろうか。ケースの形=ムーブメントの形に統一し、全モデルをトランスパレントバック化。黄金色のプレート表面をざらつかせた、ムーブメントの粒金仕上げというグラスヒュッテの伝統的手法に固執せず、シャンパンカラーのジャーマンシルバープレートにストライプを入れ、瀟洒に仕上げる。それまでにない大胆な大型日付表示やオフセンター配置の文字盤、腕時計初の鎖引き機構の搭載。ロービートのクロノグラフのパーツ形状を装飾的にし、高級機でありながら、コラムホイールはあえてカバーで隠さない。これらのすべては、単なる外観のエレガントさの追求ではなく、メカニズムは美であり、静と動の両面で〝魅せる機械〟を分かりやすく、かつ卑近ではない手法で具現化したことにほかならない。新生A.ランゲ&ゾーネの登場以降、メーカーにとってもユーザーにとっても、ムーブメントに対する捉え方は、明らかに〝変えられた〟のだ。

 

東西分断の長い時代を不屈の精神で乗り越え、ブランドを復活させたウォルター・ランゲは、「古典の焼き直しでは意味がない」と言い切っている。伝統にもたれ掛からず、新しい価値をもって皆の旗手たるべしというスピリットを引き継ぐ。その難しさを実行していること自体が、ヒエラルキーの頂点たるゆえんだろう。

Noob2016ロレックスコピー専売店



前ページ: 数あるハイコンプリケーションの機構の中でも、ミニッツリピーターのステイタスは高い
次ページ: 新生ブライトリングの序開きを 飾った三鼎の一座