Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>最新情報
北斗の衛星の時計、閲兵する人員は装備して装備して

2015年9月3日、反ファシズム勝利70年の大閲兵は首都北京で行われる。これは世界の人々、特に中国にとっては、非常に意味のある日、閲兵部隊を世界に見せる中国軍の军威、中国の国威と中華民族の浩然正気と同時に、「中国の力を展示」。聞くところによると、今回の大閲兵前、初めてで訓練を採用したいくつかの北斗衛星ナビゲーション測位システムを含む中国科学技術力の高い精。

時間として統一システムの重要な一環として、中国が自主開発した北斗衛星ナビゲーション測位システムは高精度、誤差が小さいの特徴。ブライトリングコピー自動位置決め精度利用北斗時報と測定システム、読み部隊を大幅に高めた訓练の質と効率。例えば、徒歩チームができる者正步行進200メートル、齐步行進隊列は変形しませせんメートル、装備部隊等速時間正負誤差3秒以内に、距離、正と負のじゅうセンチ以内;空中陣にメートル秒差。

大閲兵に解放軍たちの軍容軍姿だけでなく、集中を体現している中国軍人の男前アウトし、同時に閲兵を示す「中国力」の要素の一つ。北斗の強大な科学技術力、体現は閲兵チームごとに1つの精確な動作、ほぼゼロの誤差の上で体現していると同時に、閲兵者の軍容軍姿、コーディネートの上に。



前ページ: 胡軍デビューロッシーニ2015年度にブランド展開活動
次ページ: 宝の時に捷、ミラノで中国の時計のイメージを展示して