Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピーNoob人気商品
ホーム >>最新情報
リンゴの時計はまだ業界の優れた者である

スマートフォンはスマートフォンには及ばないが、2年近く発展してきた人がこのハイテク産物を受け入れ始め、知能時計の市場規模も拡大していくとともに、スマート時計のブランドの種類も増え、消費者の選択肢も多くなってきている。のApple Watchの競争力は低くなるが、実は現在のスマート時計産業は、基本的にApple Watchによるものである。

市場調査機構Canalysが発表した最新の報告によると、2016年にApple Watchをリードしたスマート時計産業は、750万本の出荷規模になると発表した。また、Canalysは、2020年のスマート時計の出荷量は5360万匹に達すると予想されている。これは、将来の5年間の知能時計の出荷量の年の増加率は65 %に達すると予想されている。Apple Watchは依然として知能時計産業の列車頭である。

Apple Watchの具体的な販売台数についてはまだ謎だが、アップルは今年3月にApple Watch運動版の価格を50ドル下げ、38ミリバージョンと42ミリの価格がそれぞれ299ドルと349ドルに下がったと信じている。また、噂によって外部から期待されているApple Watch 2が今年9月に発売されるということで、皆さんの期待の通りになるのではないかと思います。



前ページ: 腕時計の防磁気、一体何があるのか
次ページ: 新米に必要な機械の腕時計、常識