Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピーNoob人気商品
ホーム >>最新情報
タカシマヤ ウオッチメゾン 東京・日本橋に、A.ランゲ&ゾーネ

1845年、ドイツ・ザクセンに誕生したA.ランゲ&ゾーネ。第2次世界大戦後には旧東ドイツ政府に国有化されるなど時代に翻弄されながらも、創業者の曾孫ウォルター・ランゲたちの尽力のもと1990年に再興を果たした。日本に進出したのは1996年のこと。その真摯な時計作りの姿勢が高い支持を得て、現在では国内にふたつの直営店を含む18の店舗を展開する。


 そんなA.ランゲ&ゾーネの19番目の店舗が、東京・日本橋のタカシマヤ ウオッチメゾンにオープンする。江戸時代の伝統や匠の技が今も息づく日本橋。時計愛好家の多い東京の中でも、ブランド文化と親和性が高い特別な場所として、A.ランゲ&ゾーネはこのエリアで2店舗目を構えることとなった。


 グラスヒュッテの時計作りの伝統を活かした完璧な仕上げを追求するA.ランゲ&ゾーネの哲学は、店舗の内装にもうかがうことができる。店内は、ブランドのコーポレートカラーであるグレーを基調とした空間に、ドイツ製の調度類が配される。ショーケースには、時計のムーブメントと同様、角に45°の面取りを行い、ヘアライン仕上げを施すという徹底ぶりだ。オープンは2018年5月9日を予定している。



前ページ: ハミルトン「ジャズマスター シンライン オート」
次ページ: グランドセイコーが「ミラノデザインウィーク2018」に初出展