Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピーNoob人気商品
ホーム >>最新情報
ファーブル・ルーバ、アンティークコレクションを展示

1月17日より2週間にわたり、ファーブル・ルーバが東京・日本橋のタカシマヤ ウォッチメゾンにおいてフェアを実施する。「ハープーン」や「ビバーク9000」をはじめ、300mの防水性を持つ「ディープブルー」や、37mmボーイズサイズの「シーバード」といった幅広い現行ラインナップが揃う。


この開催に合わせ、同会場では歴代のアンティークコレクションも展示される予定だ。写真はそこで展示を行う3モデルである。左は、世界初の高度計搭載腕時計として1962年に発表された「ビバーク」。中央は、潜水時間と合わせ深度計測を行う1968年発表の「バシィ」。右は1963年発表の「ディープブルー」。当時の「ディープブルー」は200m防水のダイバーズウォッチであり、回転リングを風防の中に収めたケースデザインが独創的で興味深い。


会期中の20日(土)、21日(日)には、1970年代に実際にこれらのアンティークモデルを販売していた日本人スタッフも来場予定。冒険ロマンを求め続けるファーブル・ルーバの世界観を存分に楽しみたい。



前ページ: ボールウォッチ「マーベライト」の耐磁性能が大幅に向上
次ページ: シャンパンゴールドのチェーンブレスレットの限定モデル