Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピーNoob人気商品
ホーム >>最新情報
一波三折、日本の腕時計の台頭

腕時計の分野では、日本製造はスイスの機械表に再創始していたが、石英危機の後、スイスの時計は歴史、ハイエンド、機械腕時計で再び陣地に戻ったが、日本の時計は今、世界の時計史においてすでに独立した存在となっている。

歴史のあるスイスのブランドと比べて、近代日本の時計の製造は始まった。1860年、日本本土で初めてスイス製の時計が登場した。1892年には、スイスのディーラーと交際していた日本人は、横浜でSEIKOを創設し、スイスとアメリカを使った日本製の腕時計を作った。しかし、日本製の時計は当時、スイスの時計に比べて高価なものが多い。本土の製造を守るため、自分の良い政治関係を利用して、スイスに対する金表の関税を引き上げ、1899から1906年にはスイスの金表の関税が5 %から50 %に膨らんだ。また、1918年には、東京のジュエリーメーカー、Kamekichichoshaのアンティーク・シェークの制作を始めた東京のジュエリーメーカー、Kamekichoshaが、16の懐中表として描かれていたが、1924年にはそれをマスギと命名した。これに対して「名前は世界で共感しやすい」からだ。

ドイツと同様に、敗戦国の日本の製造業は第二次世界大戦時に大きな打撃を受けた。日本も例外ではなく、 リシャールミルコピー時計産業は壊滅的な打撃を受けた。第二次世界大戦後、Eiich Yameraというキャリアマネージャーが、日本の腕時計は海外拡大を加速させることを意識した。スイス人は、60~70年代、石英の腕時計が「Swise」による脅迫を意識していたが、新しい石英表の研究開発に対し、アメリカと日本は非常に良好な発展の機会であり、1964年に東京五輪の急行に乗って、日本本土の時計ブランドSEIKOより一躍グローバルマークを持つ腕時計ブランドになる。



前ページ: 店長紹介、新パネライ1950 3日GMT 24 H時計
次ページ: ヘンリーが慕う時の腕時計:黒い魅力